2017年12月31日

ショールーム化

アメリカも日本もECの発達と人手不足でリテールがどんどん潰れている。とくに路面店とか
かなり撤退するところがありシャッター商店街みたいになっている通りも

そんな中NYや主要都市に何店舗か店がある
REFORMATIONのウィンドウに素敵なドレスがたくさんあり中へ
F52ADD8F-EA18-45F6-BDB0-A56E9C42988A.jpeg

ロングドレスを3着とワンピースを選んで試着したいというと、これはサンプルだからあなたのサイズを運んでくるからとサイズを聞かれた。適当に4?というと30分くらいかかるから届いたら電話するという。
結局届けてもらったドレスはサイズが合わずそのあとも対応がなってなくて呆れて店を出た。
サンプルを置いてるならまずそれを着てみてサイズを判断するのが先で、システムそのものが間違っていると思う。
後ほどHPやonlineを見たがそんなシステムの事は何もうたってなく、onlineで同じものが買えるわけでもなかった。
ショールーム化して無駄を省きたいのはわかるが、かえって無駄な事ばかりで逆効果


posted by Atsuko at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | USA
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182048772

この記事へのトラックバック