2011年10月29日

アルファキュービック同窓会

ものすごーく大昔 アルファキュービックという会社があって・・・
VOGUE JAPANとかSPURとかなかった時代 ハイファッションや流行通信が一番ハイエンドなファッション誌 その表紙をめくるといつも広告ページをしめていました その広告がめちゃくちゃお金がかかっていて背景の中に腕だけ写っていてその腕がポール・マッカートニーだったり わたしの所属してたrenomaはイメージモデルがジェーン・バーキンとセルジュ・ゲンズブール

本社もプレハブなのにショールームの椅子は全部カッシーナ 年に一回川奈を借り切って1泊のゴルフコンペがありお付き合いのある芸能人は全部ご招待ですが長島監督とかも特別ゲストで呼んで講演もしてもらっていました 

わたしの入社した頃は40億くらいの小さな会社だったんですが 40歳以上の人ならほとんどの人がもっていたrenomaのバッグは店に並ぶとすぐに売り切れる今では考えられない大ヒット&ロングセラー商品 ブラウスとスカートの単品アイテムでサンローランのライセンスまで持っていました

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだった会社 何年か前に倒産しましたがなんと同窓会を開くというお知らせをいただきました 場所は六本木のマハラジャです(笑)

仲良しのT部長もわたしの在籍してたもっと前にいらしたらしいexclamation×2のでお連れしました 
024.JPG

当時この会社のカリスマだった柴田社長もT部長のことよく覚えていました なんとT部長は大阪支社を立ち上げて伝説的な数字をたたき出したらしい すごいですねぴかぴか(新しい)

女優の奥様と結婚を発表したとき取引先の女性が全員悲しんだ関根常務と今回の幹事の2期先輩の上野さん
027.JPG

renomaの先輩の岡野さんと大人気だった受付兼PRの大森さん 柴田社長は女のひとには優しいのですがわたしと大森さんだけよく怒られていましたたらーっ(汗)多分とんでもない社員だったんでしょう!
一番怒られたのは何人かグループでゴルフコンペでニアピン係だったんですが途中でもうこれ以上はない!というくらいピンに近い人が出てきちゃってみんなで芝生で昼寝してたんですが お客様に渡すビデオを撮影していたわたしの後輩がなんとその光景を撮影して・・・運が悪いことにわたしだけ顔が映ってたんですあせあせ(飛び散る汗)
028.JPG

先輩でACで一番もてていた洋児さん黒ハート今はPROVAという画廊 SOBATERIAというお店を代官山で経営されているそうです 当時のおぼっちゃまクンたちも見事に成長しました
045.JPG

2次会は青木エミさんのお店 Moon Danceでバー

とっても懐かしい夜でした
posted by Atsuko at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
突然のご返事差し上げます失礼をお許しください。
私事ですが今年銀婚式を迎え昨日、結婚式のビデオを久しぶりに観る事になり、ご出席頂きました戸谷取締役・片桐課長・石川課長…他の方を拝見し、とても懐かしいく、皆さまどうしてらっしゃるのかな?と気になりGoogleでアルファキュービックを調べたいたところ
アルファキュービック同窓GemmyBlog「2011年10月28日」をみつけ、同窓会!?あまりの懐かしさに一気に読み上げてしまいました♪
遅くなりましたが、私は1988年(S63)に丸井川崎店のレノマに配属され(親子バックが入荷するとすぐ完売!入荷待ちと…本当に売れました…笑)
その後、高島屋日本橋店ACに異動になり6~7年お世話になりました。毎月の店長会はすごぐ緊張して本社に行ったのを思い出します。
いち販売員でしたので本社の方との面識は殆どありませんでしたが…
年を重ね昔が懐かしくバブルの頃は楽しく♪あの時代を過ごせた事、本当に良かったと思ってます、素敵な時代を思い出させ頂きありがとうございました。
勝手な長文大変失礼いたしました
風薫る5月どうぞお健やかにお過ごしください
Posted by 永久里美(旧姓金子) at 2017年05月09日 11:08
永久様
コメントのポストありがとうございます。わたしが入社したのは1981年。研修で西武渋谷店のレノマに配属され、その後本社第二事業部でレノマの雑貨の企画とライセンス事業の管理の業務をしてました。
やはりレノマといえば親子バッグとクラッチが飛ぶように売れどの店舗も希望数の10分の1しか供給できませんでした。社員買いも一ヶ月一人2ケまでで半年以上待ち。今から考えると以上な状況でした。
そのおかげもありわたしは今でもファッション雑貨の会社を経営していて本当にその時の経験が役に立ってると思います。
永久様も毎日お忙しくされてた事でしたでしょうね。
またこんな機会がありましたら今度は是非お目にかかりたいと思います

河野
Posted by 河野敦子 at 2017年06月14日 09:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49656480

この記事へのトラックバック